2020年12月17日 

子犬甘噛み 3つのタイプとそれぞれの対処方法

一言に甘噛みと言っても実はタイプに違いがあります。今回ざっくり3タイプに分けてみました。①じゃれ噛み(かみかみ)②甘え噛み(はみはみ)③本気噛み(がぶがぶ) こんな感じです。

 それではそれぞれの噛む原因、分析と一つの対処方法、そして気をつける点などをお伝えしますのでピンと来たら是非お試しください。

あなたのワンコはどんな甘噛みのタイプですか?

①じゃれ噛み(かみかみ)について

<原因>

「遊びたい」「動きたい」など、人でいうなら幼稚園や小学校低学年生のようにじっとできない年齢だとお考えください。ですので遊びたくてしょうがない子どもに「じっとしなさい」と言ってもなかなかできないことも理解できると思います。

<分析と対処方法>

ではじゃれ噛みする子をどのようにすれば噛まないようにできるのか、、、?その方法の一つはお散歩の工夫です。わかりやすく言えば今まで30分くらいだったならば倍の1時間に増やしてみるなどです。それでも足りなそうならもう30分、、、これで家に帰った後はお水飲んでお気に入りの場所で休むようならOKです。まあ時間が取れる方はこれでかなりじゃれ噛みは減ってくるでしょう。

でも「天気が悪くてなかなかお散歩に行けない、、、」と言う場合はどうしましょう?それはやはり家の中での遊びの工夫になりますね。工夫のポイントは夢中になって飽きずに何度も動かせること。そしてもちろん手を噛まれないことです。

<気を付ける点>

このようにじゃれ噛みのほとんどは発散不足が原因なので、発散させてあげることで大抵は改善してくれます。ですがよくやりがちで気を付けることは、発散してないのにテクニックや怒ることでじゃれ噛みを止めさせようとすることです。まずテクニックだけでは止めるのはなかなか厳しいと思います。そして怒ることで逆にじゃれ噛みから本気噛みに移行してしまうことがあるのでご注意ください。

 

②甘え噛み(はみはみ)について

<原因>

これは一番子どもっぽいしぐさの一つとお考え下さい。リラックスしている時やちょっと眠気が来た時にパパやママに甘えるはみはみです。

<分析と対処方法>

しかしこれが尖った乳歯ではみはみされて痛いからお悩みになるのでしょう。人で例えるならば赤ちゃんがおしゃぶりではみはみしているのと似ていると思います。ですのでパパママの手ではなく何か紛らわすオモチャやガムに気が行くようにしてあげましょう。

<気をつける点>

甘え噛みはけっして襲おうと思って噛んでいる訳ではありません。ですのでじゃれ噛みと同じくテクニックや怒って止めようとすると、子犬の純粋な甘えたい心が荒んでくるかもしれません。手を噛もうとしてきたら上手にオモチャやガムに気持ちが行くよう工夫してあげてください。

 

③本気噛みについて

<原因>

最近はあまり見かけませんが、野性味が強い犬ほど早い時期に人を寄せ付けない防御本能を前面に出している子がいます。また幼児期の極度な社会性不足が原因で心を閉ざしている犬に見られる犬も恐怖からの防御行動が出ているためでしょう。

<分析と対処方法>

もしあなたの犬が野性味強いことから本気噛みしてくるのであれば、一般の飼い主では飼育が非常に難しいと思われます。可能ならなるべく早く親元に相談してお返しすることをお薦めします。

もう一つ社会性不足が原因による防御行動ですが、この行動は放っておくとどんどんエスカレートし家庭内暴力のように飼い主を威嚇し続けることになり兼ねません。ですのでなるべく早い時期にお近くのプロの方へ相談に行ってください。犬は人の5~6倍の速度で成長していきます。これは良くも悪くも早く進むとお考え下さい。

 

ペットホテル
*ストレスない広いスペースで過ごせます。
犬のしつけ、出張トレーニング
(吠える、鳴く、騒ぐ、トイレ、留守番、運動不足、ストレス)
トリミング
(嫌がり、爪切り、耳掃除、シャンプー、カット、
テリア種プラッキング、歯磨き)

または今の食事が合ってないのでは、、

ご相談ください!

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0256-47-5877
営業時間
営業時間:9:00~18:00
*時間延長の場合は30分600円(税別)頂戴いたします。

半日コース:午前の部9時~13時、午後の部14時~18時
1日コース:9時~18時(シャンプー、爪切り込み)
休業日
水曜 *火曜日は幼稚園のみ

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談

0256-47-5877

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。