2019年7月7日 飼い主は
もう少し自分勝手に考えて良いのでは、、

とても優しすぎる飼い主のワンコはいつの間にか王様、女王様になってしまっているようです。それは日頃の接し方や関わり方、習慣=愛情過多がそのようにワンコを育ててしまうのです。

それで何も問題がなければよいのですが、周りの人に吠えて威嚇したり咬みつこうとする行為はとても迷惑な問題行動です。

これを改善しようと瞬間的なテクニック(叱り、指示など)を使っても問題は消えません。そこで今回は飼い主の考え方をお伝えします。

動画のポイント

①犬の下になる飼い主の癖

②優しすぎる飼い主は愛情過多で心の病気にさせやすい

③いつの間にか飼い主は苦しくなっていく、、

④もっと自分勝手に考えてみる

⑤飼い主に合わせる躾

犬のしつけ、出張トレーニング
(吠える、鳴く、騒ぐ、トイレ、留守番、運動不足、ストレス)
トリミング
(嫌がり、爪切り、耳掃除、シャンプー、カット、
テリア種プラッキング、歯磨き)

または今の食事が合ってないのでは、、

ご相談ください!

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0256-35-7711
営業時間
9:00~18:00
休業日
毎週木曜日

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談

0256-35-7711

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。