リーダーは誰?

問題犬でお悩みの場合、その多くが飼い主と犬との関係性に問題があります。つまりリーダーが飼い主でなく犬になっているのです。人に比べ世間知らずの犬がリーダーとして家族を牽引したら、間違えなく間違った方向に導いてしまうでしょう。

リーダーとなった犬は飼い主の言うことは都合の良いこと以外あまり聞き入れません。「部下のくせに上司に向かって何言ってんだ」って感じでしょう。一見すると一時的な反抗期のようですが、それがずっと続いて行くことと大きな問題になっていくのです。

反抗期のことをもう少し、、

人間の子どもはたいていある時期になると親に反抗する時期があります。子どもが将来自立していくことを考えればこの反抗期はとても大切な時期だと言えます。しかし犬の場合はどうでしょう?犬は将来飼い主から自立することはありません。10年から15年の短い生涯を飼い主と共に過ごすのです。つまり人に対する反抗期は必要ないのです。もっと言えば犬の反抗を認めてはならず、もし反抗してくればその瞬間にちゃんと叱って教えることがリーダーの役目でしょう。

ワンコがあなたがリーダーとして
認めているのかチェックしてみましょう!

飼い主がリーダーに慣れているのかを知るにはホールディング(下記写真のように膝の上でお腹を出させて抱っこする)をしてみるとすぐにわかります。

最初は不慣れかもしれませんが、ワンコがあなたをリーダーと認めているならすぐにこの体制になることができます。しかし認めていない場合、逆らったり歯をむき出したりと抵抗するでしょう。

ホールディングについての詳細は下記からご覧ください。

犬のしつけ
(吠える、鳴く、騒ぐ、トイレ、留守番、運動不足、ストレス)
トリミング
(嫌がり、爪切り、耳掃除、シャンプー、カット、
テリア種プラッキング、歯磨き)

または今の食事が合ってないのでは、、

ご相談ください!

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0256-47-5877
営業時間
10:00~18:00
平日月曜、木曜、金曜に幼稚園利用をご希望の場合
7:00~10:00、18:00~19:00も対応いたします。
休業日
火曜、水曜

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談

0256-47-5877

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。