爪切りについて

見た目はかなり違いますが、実は人も犬も爪の構造はほぼ同じなんです。人が深爪したらとても気になりますよね、、なのにワンコの爪切り短めと言って血管ギリギリまで望む飼い主さんが多いのが現状です。

ここではワンコの爪切りの誤解と、過去に起きた爪切り事故について書かせて頂きます。

犬の爪切りはいったいどこまで切るのが良いのか?

飼い主さんからよく言われるのは「短めにして」です。理由はフローリングでカチャカチャするのが気になったり、絨毯・カーペット、またはストッキングなどの引っ掛かりを気にして短めを希望する方が多いようです。実はこの「短め」という見解が飼い主さんとトリマーでは差があるのです、、、

犬の爪と人の爪の構造の違い

爪切りが招いた悲惨な事故

爪切りに慣れよう!

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

犬のしつけ
(吠える、鳴く、騒ぐ、トイレ、留守番、運動不足、ストレス)
トリミング
(嫌がり、爪切り、耳掃除、シャンプー、カット、
テリア種プラッキング、歯磨き)

または今の食事が合ってないのでは、、

ご相談ください!

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0256-47-5877
営業時間
10:00~18:00
平日月曜、木曜、金曜に幼稚園利用をご希望の場合
7:00~10:00、18:00~19:00も対応いたします。
休業日
火曜、水曜

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談

0256-47-5877

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。