犬の爪切りは
いったいどこまで切るのが良いのか?

飼い主さんからよく言われるのは「短めにして」です。理由はフローリングでカチャカチャするのが気になったり、絨毯・カーペット、またはストッキングなどの引っ掛かりを気にして短めを希望する方が多いようです。実はこの「短め」という見解が飼い主さんとトリマーでは差があるのです。飼い主さんの要望は前述の気がかりを解消してくれることを望んでの依頼なのですが、我々トリマーの「短め」は少しイメージが違い、血管ギリギリの薄皮一枚まで攻めて切ることを「短め」ととらえているのです。実際にその差はせいぜい1~2ミリ程度の差なのですが、この数ミリの差がトラブルになるのです。

 

犬のしつけ、出張トレーニング
(吠える、鳴く、騒ぐ、トイレ、留守番、運動不足、ストレス)
トリミング
(嫌がり、爪切り、耳掃除、シャンプー、カット、
テリア種プラッキング、歯磨き)

または今の食事が合ってないのでは、、

ご相談ください!

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0256-35-7711
営業時間
9:00~18:00
休業日
毎週木曜日