イギリスの古いことわざ
「子どもが生まれたら犬を飼いなさい」

僕の大好きなことわざです。

犬という存在を改めて考えてみました。

地球上にはたくさんの動物が自然の中で生きており、人間もその動物の中の1つになります。しかしいつの頃からなのか人間はどこか自然から離れ他の動物との共存を避けるようになってきたようです。人間さえ良ければ、、まるで地球上を我が物顔で浸食している危険な動物として自然や他の動物から観られているようです。

他の動物は恐れて人間には近づかないにも関わらず、犬はなんで人に近づいてくれるのでしょう、、

僕の勝手な解釈はこうです。

犬は動物界を代表して人間と他の動物との仲を取り持つために、わざわざ危険な人間に近づいてくれているミショナリー(伝道師)であると。そして人が忘れかけている自然との関りや他の動物への配慮など体を張って教えてくれているのです。

例えば、、、

★人間が汚いと思っていることでも犬は平気 →だってこれが自然だもん!

★昨日のことも明日のこともくよくよ考えない →今この瞬間を生きる!

★10歳から15歳の短い寿命で伝える「死生観」 →命の大切さ

 

犬のしつけ
(吠える、鳴く、騒ぐ、トイレ、留守番、運動不足、ストレス)
トリミング
(嫌がり、爪切り、耳掃除、シャンプー、カット、
テリア種プラッキング、歯磨き)

または今の食事が合ってないのでは、、

ご相談ください!

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0256-47-5877
営業時間
10:00~18:00
平日月曜、木曜、金曜に幼稚園利用をご希望の場合
7:00~10:00、18:00~19:00も対応いたします。
休業日
火曜、水曜

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談

0256-47-5877

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。